スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も病院

今日も病院に行き、検査や診療を受けてきました。

先に検査だったのでササッと済ませて、順番待ちの掲示板を見たら…16:00の予約なのに、「現在、13:30予約の3名様がお待ちです」…ん? 本も持って行っていなかったので、「寝るべし、寝るべし」。結局、診察室に呼ばれたのは、18:00スギ…。

ま、医師不足やらなにやらが取り沙汰されている=しかも、もう数年間通っているので慣れている(苦笑)ので、致し方ないとも思いますが、合理化・効率化できない何かがきっとあるのでしょう。人間の身体が相手ですからね。

結果。肝機能の低下。中性脂肪の増加。でも、体重は減少。

晩酌とジャンクフードが原因かな…否、薬の副作用でしょう!(笑)

齢38。ただでさえいろんな故障が出てくる時期です。それなりに気をつけましょう(=自分!)


追記
迷惑コメントや悪戯コメントがいつも入っています。生きるのに精いっぱいな人間へのそれらは、どうぞご勘弁くださいまし。

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

企業の理念

(朝日新聞より)
===================================================================
 障害者の解雇が3カ月で倍増するなど雇用情勢が急速に悪化しているため、厚生労働省の渡辺孝男副大臣は10日、日本経団連に障害者の雇用を確保するとともに、福祉施設などへの発注量を維持するよう申し入れた。
 申入書では「障害者の解雇者数が増加傾向にあるなど、今後厳しい状況になることが懸念される」として、雇用の維持や新たな雇い入れの促進、障害者を雇用する事業者や福祉施設での仕事の確保などを求めた。
 厚労省の調査では、昨年10月に勤務先から解雇された障害者は125人だったが、11月は234人に増え、12月も265人で高止まりしていた。年度ごとのデータを比べても、08年度は12月までの計で1411人となり、07年度の1523人に迫っている。
 一方、全国社会就労センター協議会が1月末~2月上旬にかけ、加盟する1500の授産施設に景気後退に伴う受注減などの影響を聞いたところ、「影響が出ている」との回答が約400件あった。業種別では、自動車部品の製造や電機メーカーの下請けなどが目立つという。
 1900の障害者作業所などが加わる「きょうされん」の藤井克徳常務理事は「年明け以降、受注減や単価の切り下げ、企業での解雇などが増えてきた。企業の努力だけではなく、国や自治体の支援も求めたい」と話している。
===================================================================

 はっきり言って、嫌な話です。早晩噴出するとは思っていましたが、建前論ではああだこうだ良いことばかり並べ立てても、結局は「切り捨てご免」。無論、企業経営と障がい者雇用の葛藤はあるでしょう。しかし、スワンのように、まさにひとりひとりと向き合って「適材適所」を実践されている企業がどれほどあるのでしょうか。国や自治体に支援を求める前にもっともっとやるべきことは沢山あるはずです!(怒)

 綺麗事では済まされない…だからこそ、綺麗事では済まさないようにするという各企業の理念が問われているのだと思います。

パワー!

今月中にスワンベーカリーの海津社長とお会いするできることが決まりました!

海津社長は超人的なパワーの持ち主で、今からとても楽しみにしています!

TOKUもそのパワーを吸収して、これから「攻勢」に入ろうと思っています!

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

落選…

この前とりあえず応募した、大学受験小論文講師の受験の結果が封書で届きました。やはり、病気持ちは駄目なんでしょうかねぇ…(病気が無いと言えば良いのかもしれませんが、その嘘はつけない性分で…。苦笑)。ま、それはそれで仕方ありません!

今は某総合研究所の事業プランニングの在宅お手伝いをしたり、早ければ4月からの(もちろん在宅基本で…)大きな仕事のプランニングに関わっています(あまりお金にはなりませんが。苦笑)。でも、そういった地道な耕作がいつか小さくても芽を出してくれるのではないかと(無根拠な確信をもって)チャレンジしています!

最初に髄膜炎で倒れてから幾星霜ですから、その数年間を取り戻すには当然時間もかかることでしょうし。楽観的且つ積極的に日々を暮らしているTOKUでした。

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

「ニッパチ」でしょうか…

世間で言うところの、いわゆる「ニッパチ」でしょうか。

今月はなかなかお仕事がありませぬ…。この前、薬を取りにいったら、「2万円」(!)とのことで、何とか捻出した1万円だけのTOKUにはお支払できず、薬だけもらって(笑)後払いにしてもらいました。

学生の頃から一銭たりとも貯金せずにばんばんお金を使いすぎた「仇」ですね…(笑)。

「罪と罰」かぁ…。

3月、4月の到来が恐ろしいTOKUでございましたm(_ _)m

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。