スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も病院

今日も病院に行き、検査や診療を受けてきました。

先に検査だったのでササッと済ませて、順番待ちの掲示板を見たら…16:00の予約なのに、「現在、13:30予約の3名様がお待ちです」…ん? 本も持って行っていなかったので、「寝るべし、寝るべし」。結局、診察室に呼ばれたのは、18:00スギ…。

ま、医師不足やらなにやらが取り沙汰されている=しかも、もう数年間通っているので慣れている(苦笑)ので、致し方ないとも思いますが、合理化・効率化できない何かがきっとあるのでしょう。人間の身体が相手ですからね。

結果。肝機能の低下。中性脂肪の増加。でも、体重は減少。

晩酌とジャンクフードが原因かな…否、薬の副作用でしょう!(笑)

齢38。ただでさえいろんな故障が出てくる時期です。それなりに気をつけましょう(=自分!)


追記
迷惑コメントや悪戯コメントがいつも入っています。生きるのに精いっぱいな人間へのそれらは、どうぞご勘弁くださいまし。

スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

comment

Secre

No title

38歳ですか。わたしの3つ下ですね。
私は旦那と大学1年生と高校2年生がいます。
だから、こんな身体でもちゃんと食事を作らなくてはいけません。
晩酌とジャンクフードの生活じゃ病気にも勝てないですよ。
面倒でしょが頑張って栄養のバランスを考えて食べてくださいね。

みみさん

コメント、ありがとうございます。

そして、ご忠告、ありがとうございますm(_ _)m

そうなんですよ、本当はキチント食事のバランスとらないといけないのですが…(苦笑)。家族(ガキ♂5歳、カミサン3?歳、義父6?歳、義母6?歳+ワンコ8か月)の生活は守らなきゃいけないので、頑張りすぎてついつい…(汗)。

できる限り気を付けて、がんばります! ありがとうございます!!

それにしても、旦那様とお子様(食べ盛り)おふたりのお食事作るの、周りからあまり見えない病気なので、大変でしょう…。頭が下がります…。すごいなぁ…。

やっぱり、「甘えない」のが大事なんでしょうね! 見習わせていただきます!!

はじめまして。

スワンさん関連を調べていて、こちらにたどり着きました。
TOKUYAMAさんは素晴らしい仕事と出会えたようですね。
もしかしたら、スワンでオーダーしたらTOKUYAMAさんにデータ入力していただけるかもしれないのですね!
季節の変わり目、花粉症も辛いけれど風邪もひきやすい時期ですから気をつけてくださいね。

anさん

はじめまして。コメント、ありがとうございますm(_ _)m

スワンの海津社長に出会い、お仕事を越え、いろいろな勉強や発見もさせていただいています!

また、「こうしたほうが…」などという(細かな…笑)ご提案もすぐにトライアンドエラーを繰り返していただいています。

障がいを持たれている方や難病の方等と健常者との間を、旧来のイメージや現実を超越して、「ビジネス」という架け橋で繋いでいこうという志にいたく畏れ入っている次第です!

今後ともよろしくお願いします!!

つらいですよね

私のラジオブログも、Hな迷惑メールに荒らされています。
セクハラされてどん底になった回のときに、最初に来たメールがそれだったのは、ほんとにダメージ大でした。
やめてほしいですよね。

そして、病院も。
私なら、そんなに待たされたら、なりふりかまわずソファーでふて寝しちゃいますよぉ。
(/ー ̄;)シクシク

AKIRAさん

AKIRAさん

ご無沙汰しております! コメント、ありがとうございます!!

病院はTOKUも「ふて寝」決め込んでいます(笑)

それにしても迷惑メールはなんとかならないものでしょうかねぇ…。コメントをTOKUが承認して、というのは方策のひとつですが、せっかくタイムリーにコメントをいただた方のも含めてそうなると…という思いがあり。ブラックボックスに入れるようにはしているのですが、敵もさるもので、なかなか歯止めが利きませぬ。
巷間、これほど「迷惑メール」やらそれに伴う被害やらが取り沙汰されても、ブログサービス提供会社には為す術無し、なのでしょうかねぇ…。

情報化社会の弊害、社会全体で考えなければなりません、などと、どこぞのテレビがのたまったところで、実態としては一向に改善されず…。

実は、それが嫌で、このところ記事を書くのを少し休んでいる状況です…。

せっかくの有益な情報交流の場としてそれぞれが立ち上げているブログなんで、どうしたものか…。辞めるのは簡単だけれども、それに屈したくはないという思いも一方であり…。
プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。