スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落選…

この前とりあえず応募した、大学受験小論文講師の受験の結果が封書で届きました。やはり、病気持ちは駄目なんでしょうかねぇ…(病気が無いと言えば良いのかもしれませんが、その嘘はつけない性分で…。苦笑)。ま、それはそれで仕方ありません!

今は某総合研究所の事業プランニングの在宅お手伝いをしたり、早ければ4月からの(もちろん在宅基本で…)大きな仕事のプランニングに関わっています(あまりお金にはなりませんが。苦笑)。でも、そういった地道な耕作がいつか小さくても芽を出してくれるのではないかと(無根拠な確信をもって)チャレンジしています!

最初に髄膜炎で倒れてから幾星霜ですから、その数年間を取り戻すには当然時間もかかることでしょうし。楽観的且つ積極的に日々を暮らしているTOKUでした。
スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

comment

Secre

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。