スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマト福祉財団NEWS No.20

ご無沙汰、ご無沙汰のTOKUでございますm(_ _)m 皆さん、お元気でしょうか?

えっと、いつぞやブログでご報告した、取材を受けた雑誌「ヤマト福祉財団NEWS」が先月下旬に届きました! お恥ずかしいぐらいむっちゃ笑ってる写真がどーんと出ていて、お前ぇ、ほんとに病気か? ってなもんでした(笑)。繊維筋痛症とはどういう病気かってことも簡単にご説明いただいていて、コレを読んでくれた人が少しでもこの病気のこと、そして、在宅でも仕事は可能なんだ(=僕たちのような人間でも使い方はあるんだ)と分かってくれれば、嬉しい限りです。

「お客様からのご注文→在宅ワーク→スワン物流センターの梱包・発送」という流れのなかで、在宅ワークのところでは、肩から下が全く動かせない重度の障がいを発症されて5年の、だから、入力作業はストロー状の呼吸入力機器で在宅ワークをされている方と、不肖・TOKUが掲載されていました。TOKUの写真や記事はさておいて、その方の写真やお話を読んでいると、TOKUの病気なんてたかがしれていて、もっともっと辛い状態でも「ヤレル!」ってことがよく伝わってくる記事でした。
スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

comment

Secre

すごいですね

そんなに重度な方でも雇ってくれる企業があるなんて、すごいですね。
そういう、人に優しい企業が、もっともっと増えるよう、私も祈っています。

AKIRAさん

いつもコメントありがとうございます。

その重度の方のインタビュー記事を読んで、TOKUはまだまだ自己研鑽が足りないなと痛切に思いました。

その方の心意気というか、気合というか、その方よりは「軽度」であるTOKUも、まだまだ「ヤレル」と心新たにしました。

病気とは結局のところ本人にしか判らないものではありますが、人間、想像することはできます。その想像において、その方の心意気とスワンさんの真剣な取り組みに、少しでも関われているTOKUは実はとっても幸せなのだとも感じました。

「志」。

我々のような「社会的弱者」にとっても、まだまだ社会に訴えていく余地がきっとあるのだと思います!

お互い無理せず、でも、「実践」を通してちゃんと社会に訴えていくことができれば、もっともっと社会は良くなることでしょう♪

No title

私は世間で言うところの
重度の身体障害者
ですが
今大きな病気を抱えているわけではありません。

障害を持ちながら働く方々には頭が下がりますが、
かつ病気を持ちながら働く方々にはもっと頭が下がります。

TOKUさんの文章を読んで改めて
気概をもって過ごして行こう
と感じました。

No title

私ももっと向上しなければならないと
思いました。。。
辛い状況の中でも、前向きに取り組むことが
大切なんですよね。
それが今はなかなか出来ない私です・・・・・・・

けいとんさん

いつもコメントありがとうございます。

TOKUは薬が徐々に合ってきていて、今はもう少しは身体を動かすことができるので、けいとんさんのような重度の身体的障がいを持っている方の、気概と言いますか、生きることの強靭な意志と言いますか、TOKUなぞには到底想像だにできない、何かそのようなものに敬意を表さずにはいられません。無論、これは相哀れむなどとというような問題ではなく、個々人が個々人として抱える問題として。

お互い、それぞれの立場や環境など、精一杯の生を楽しんで行きましょう!

まつのひかりさん

いつもコメントありがとうございます。

今できないからと言って悲観する必要はないですよ! もっと肩の力を抜いて、目の前の楽しさを存分に楽しみましょう♪

TOKUの今の楽しみは、ガキ(今年5歳、♂)の日々の進歩と、その弟分のワンコ(4か月、♂)の成長です! あ、あとは、時間がそれなりにあるから、普通の人よりたくさん本が読めること、ですかね!(釣りに行けないのは悔しいですが…苦笑)

自分自身を、長い目でかわいがっていきましょう♪
プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。