スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の検査だって?!

ちょっと参っています…。
線維筋痛症の関係で、神経内科でも併診してもらっているのですが、線維筋痛症の「裏側」で併発する可能性が比較的高い「多発性硬化症」の可能性があるとして、今度、脳のMRIを受けることになってしまいました。ふぅ。
頚椎は軽微損傷だけで済んでいるとのことでしたが、それでもやっぱり分からないということで…。
いやぁ~、この病気、面倒ですね…。仕事バリバリの欲求とアタマの回転はあるのに、「見えないところで」いろんなことが起こっているようでして…。
皆さんは、線維筋痛症のほかに、併発されている病状はありますか?
スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

Secre

大丈夫?

TOKUYAMAさん

こんにちは、偶然このブログを発見しました。
線維筋痛症ってなかなか聞きなれない言葉でしたが、
苦しんでいる方が数多くいらっしゃることを初めて知りました。
 とても克明につづられていて、大変さが滲み出ているなぁと感じました。頑張ってください(としかいえなくて・・・、すんまそん)

ありがとうございます

コメント、ありがとうございます。
私のように難病指定を受けていない「隠れ線維筋痛症」の方々はすっごい多いだろうし、どこの病院に行っても「分からない」とたらい回しにされている「線維筋痛症予備軍」の方々はもっともっと沢山いらっしゃるでしょう。
あえて「宣言」してそんな人々の意見や社会的認知が広がればなぁ、と思っています。
プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。