スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注射だよ(線維筋痛症)

神経ブロック注射、始めました。

まだ確たることは言えない段階ではありますが、少なくとも36時間ほどは効きます(笑)。

とは言いつつも、要注意!

注射する箇所と量とに制限があるため、注射した箇所は(少なくとも36時間ほどは)快調なのですが、「その次に痛い箇所」が、「栄えある第1位」に君臨し始めます…(苦笑)。

痛し痒しとはこのことか…。

に加え、「もっと沢山注射してよー」という気持ちと、「こんな注射ばかりしていたら自然治癒力なんてなくなっちゃうよー」という、二律相反する「初期の麻薬的囁き」が襲ってきます。

どうしたものか…。

スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

comment

Secre

お久しぶりです

久しぶりに更新がされてよかったです。
こういうブログって更新が遅れると、読み手は勝手にドキドキしますよね。
「元気そうで」というのちょっとおかしいですが、安心しました。(言い方が難しい・・・)

はじめまして~

私も同じ病気です。2004に初めは指先の関節が痛くなって、それが第二・・・とどんどん上に部位が広がりその年の11月頃には歩くだけで肩から腕にかけて激痛が走り12月には寝たきりの状態になり激痛でのた打ち回っていました!
病院での検査では全くの異常ナシ。でもこれがこの病気の特徴だったんですよね。
担当の医師もその診断は出来ずに病院をたらいまわしにされて治療も見つからずにただ痛み止めの点滴や注射をするだけ・・・
でもこれが全く効きませんでした!モルヒネを打ってください!腕を切り落としてください!と泣き叫ぶ毎日。。
そして2005の1月にペインでやっと「線維筋痛症」の診断を受けたのです。
それからブロック注射を受けてどんどん症状は良くなり半年位で通院の必要はなくなりました!
だから人にもよるのでしょうが注射は期待できると思いますよ。
それからは、ずっと病院には行くことがなかったのですが今年に入ってから、また手の指の関節のこわばりと軽い痛みとイスとかに座っていて立って何かをしようとすると足首の関節が固まってしばらくは老人みたいな感じなんです。
膝も痛い感じがするので、久しぶりにペインに行って今は光の注射器の治療をしています。
前はなかったんですけど去年から導入されたらしくブロックの80%の効果が期待できるらしいです。医学の進歩に驚いています。
ここのクリニックの院長が去年、NHKの特番の“痛み”の番組に出たとのことで、そのVを観ながら先日、勉強会があったので参加したらたくさんの方が痛みと闘っているのを知り驚きました!
長々と書きましたが、これからも宜しくお願いします。
ブロック注射で効果が出る事を祈っていますね♪

ブロック注射、効果があるようでよかったですね。
でもこの病気は本当に「もぐらたたき」で、あっちが楽になると今度は別なところが痛みを主張してくるので、完全に「どこも痛くない」ということが、一瞬もないように感じます。

前に「とにかく、なんでもいいから今のこの痛みを止める薬が欲しい」とブログに書きましたら「そうするとその薬に頼りっぱなしになりそうで怖い」というコメントをもらいました。
確かにそうですよね。痛みの根源を治療せずに、その場しのぎの痛み止めは癖になりそうで危険です。
「初期の麻薬的囁き」……まさにその誘惑ですね。

でも一番つらいところに効くなら、QOLは少しでも上がりますものね。
注射と上手に付き合ってレポしてくださると嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

慢性疼痛と闘う!おばさん

初めまして。
私も、2つの大学病院で、線維筋痛症と、診断。
ブログを、みてくださるとよいのですが、現在、中枢神経疼痛も、混在、綿維筋痛症は、疑いとなっています。

私も、ブロックを続けていますから、第二位が浮上、その状態よくわかります。嫌ですね。私も「もぐらたたきだね。」と、よくいわれました。

また、ブロックによる、新たな刺激痛の発症との戦いです。
幸い、今は良いドクターと巡り会いいかに、「もぐらたたき」にならないようにするか?あの手、この手、こんなにブロックて、種類多いの?

今のドクターと巡り会って半年でかなり改善。
事故を、起こしたペインの治療(しかも、透視下)の、3年近くはv-236

下肢の痛みは、腰椎穿刺によるもので、完全に治ることは無いそうです。

仕事できなくなりました、趣味も、忘れてましたが家事も。
以前よりは、出来るようになりましたが。

いま、自費のお薬を飲んでます。資金が、続かなくなったら、モルヒネの錠剤の服用のドラッグチャレンジテストです。

初めまして。

先月線維筋痛症と診断されました。
他の疾患もあるのでずっと療養中です。
日大の村上先生、予約しようと思ったんですけど
10月迄予約が一杯とのことで他の病院で薬の服用
のみの治療してます。

神経ブッロク注射私も興味あるんですが、
どこのペインクリニックに行ったら良い
か分かりません・・・
ホント難しい病気ですよね。

お互い早く痛みから解放されたいですね。
今後とも宜しくです☆

私も線維筋痛症

太字の文
初めての書き込みです。私の場合は,45歳という区切りで,人間ドックを受ける際に,「気になっていることは,ありませんか?」という,何気ない質問事項に,現状を書きました。
 その後,脊椎外来を紹介していただき,CTおよびMRIを撮影しました。頸椎の脊椎狭窄症と腰椎の広範囲にわたる脊椎狭窄症と診断されました。
 一生つきあっていくこと。それが,先生からの一言です。
 それらが原因で,肩周辺が堅くなり,つながっている筋肉が固くなってやせていく=繊維化するということでした。とてもショックでした。
 痛みの感じ方は,人によって違い,同じ症状でも,少し痛むという人がいれば,とても痛いと言う人もいると言うことでした。根本は,手術で神経が遅くなっている部分を広げるしかない。リスクがある。半年入院とリハビリが必要といわれました。
 選んだのが,硬膜外神経ブロック注射です。キシロカイン1%の注射を4~5ml注射します。場所は,頭の後ろ,頭蓋骨と僧帽筋の境目に,針を下向き45度ぐらいで,何ミリ打つということでした。
 局所の痛み止めの併用となりました。

 硬膜外神経ブロック注射は,2週間に1度,局所の痛み止めネオビタカインを注射することになっています。太字の文

あんずさん

コメントいただいていたのに、見逃してしまっておりました。ごめんなさい…。

最近、TOKUは、ブロック注射を一旦やめています。数日間しか効かなくて、ちょっともったいないと思って…。

あんずさんは、その後、ブロック注射、効いていますか?

お互い、どんな治療法でも早く良くなると良いですね!

狛犬さん

コメント、見逃してしまっておりました…すみません…。

ブロック注射、良い先生でよかったですね! 今はどんな感じですか?

し~さん

コメント、ありがとうございます! おかげで、不覚にも見逃してしまっていた方々のコメントも発見することができました!!

首への注射、TOKUは事故ったときに打ちましたが、あれは腰への注射よりしんどかった記憶が…。効いてくることを祈っています。

硬膜外ブロックが効き過ぎて

コメントありがとうございます。

今まで,神経ブロック注射を5~6回受けました。

2/2に受けたブロック注射の効き方がいつもと違ってた。
注射後,1時間程度病院で休んでいました。(いつもです。)
どれ,行こうかと思って,車に乗りました。
時間を稼ぐために,高速道路へ。
運転中,びっくりしたことがありました。
前を見ていましたが,意識が薄らいできました。
はっとして,ハンドルを切りました。
側壁にあと1mで激突!というところまでいきました。
びっくりです。

途中のコンビニで,ゆっくり休み。そして自宅へ。

驚いたのは,次の日。
前日と同じで,ふらふら状態で職場に。
そして,その次の日も。

電話で病院に問い合わせたら,薬はいつもと同じで,打った場所も,今までと同じところ。
でも,健康状態や痛みの状態とうで,効き方が違ってくるとか。

ブロック注射の目的は,痛みの感じ方を和らげるのが目的なので,
いつも同じ聞き方とは限らないとか・・・

し~さん

コメント、ありがとうございます。

危ない、危ない…。でも、ギリギリでよかったですね…不幸中の幸いと言うか…。

TOKUの場合も頓服薬を変えて、同じような現象がありました。その際は、見事高速道路の出口で自損・一発廃車…(苦笑)。TOKU自身は、右手首の軟骨損傷、肋骨と胸部の骨(肋骨との繋ぎ目)のヒビで済みましたが…。しかし、未だに治りません。

ブロック注射ならなおさらです。くれぐれもお気をつけて!
プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。