スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に…麻酔科へ

本日、遂に、麻酔科へ回されることになりました。なんでも、投薬はこれ以上できないために、もう直接神経ブロックを試してみましょう、ということらしいです。

あ、ご報告するのを忘れていましたが、脳の検査は「少し問題あるかもしれない」とのことでした。「少し問題」って、何?(笑)確かに、MRIの画像では少し影が見えたんですが。
その一方で、「末梢神経への影響は少ないかもしれない」とのこと。

皆さんのなかで、ペインクリニックで診てもらった方っていらっしゃいますか?

あ、新しい薬の話はまた今度。
スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

comment

Secre

脳に問題って……どういうことなんでしょう。心配ですね。
まあ、FMSはそもそもが「脳の誤作動」の病気ではあるようなんですが……。

ペインクリニックで星状ブロック麻酔などを受けた方の話などは見聞きした覚えがありますが、FMSにはあまり効果がないような雰囲気でした。一次しのぎくらいにはなるのでしょうか。

新しいお薬、効くといいですね。お大事に。

みみたさんへ

みみたさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ、「能の問題」…その「影」により、神経が圧迫されている可能性があって、それが原因で末梢神経が痺れたり痛くなったりするのではないかという懸念があるそうです。でも、あまり詳しくは教えてくれませんでした。判断しにくかったんでしょうか?(笑)

ペインクリニック、やっぱり一時しのぎなんですね…。ま、少しでも痛くない方法を探る、ということなのでしょう。麻酔科の先生のお話は連休明けになりましたので、またご報告します!
プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。