スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワンさんの取材

しばらくご無沙汰しちゃっていましたm(_ _)m 

ここ数日、どうもパソコンのネット環境が不安定で…繋がったり繋がらなかったり…。う~ん…ネット環境が上手くいかなくなると、スワンさんのお仕事にも支障をきたすし、情報収集や外部との連絡等など、自分とその周りの世の中に壁ができているみたいですね…(困)。

それはそうと、先日スワンさんの取材を受けました。社長の海津さん、スワンの方・H氏、ライター・H女史の3名さまが、わざわざ自宅にきていただきました。TOKUYAMAの部屋が狭く(…というか、異常なほどデカいデスクがあるから…)、ご迷惑をおかけしながらの2時間インタビューでした。

病気のこと、これまでの仕事のこと、今のスワンさんのお仕事のこと、それを始めてからの気持ちや感じることから趣味などについても、雑談(?)させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました(ライターのHさま、とりとめないお話ですみませんでした!)。そして、なんと、 スワンさんの新商品までいただき、家族で美味しくいただきました(スワンさん、ありがとうございました!)。

今回の記事は、ヤマト財団さんの雑誌に(少し)載るかもしれません。もし、掲載されたら、またご報告しますね!

9月は、在宅就労のもうひと方が定期検査に入る月らしく、お仕事もたくさんありそうで、「充実!」した月をまた送れそうです。
スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。