スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験失敗(笑)

以前ここでご報告した「受験」、やっぱり失敗でした。相性的に「?」という感覚があったので、「案の定」な感想ではあるのですが(笑)。

嘘をつくのもなんですので、病気のことなどもあえて正直に申し上げたのですが、週2回ほどの通勤(?)がベースになると、やっぱり厳しいようですね。

でも、良い経験になりました!

実は本日、もうひとつ在宅で可能な仕事の面接に行ってきました(めげてない…笑)。とりあえず年明けに試用期間が始まりそうです。無事に採用されればうれしいのですが、まぁ、相性もあるので、やってみてダメならダメで、また挑戦すれば良いので!

こちらも決まったら、ご報告しますねー♪

スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

ハローワーク、信じられないホントの話(伝聞)

スワンさんから聞いた話の受け売りですが…
スワンさんが人材募集をする際に、ハローワークにも人材募集の依頼をするらしいんですね。スワンさんは人材募集として、募集対象者の欄に「障がい者」と記載してらしいですが、例えば「知的障がいの方募集」とすると、「大変ですよ、大丈夫ですか?」とか「これは身体障がい者」の間違いではないですか?」とか、「障がい者募集」とすると、「本当に間違いないですか?」などと、ハローワークの担当者から質問されるそうです。「健常」と「障がい」のわけ隔て、ハローワークでさえもそんなありさまだ、とうかがったことがあります。ハローワークの対応、信じられますか? 確認の意味で質問するにしても、もうちょっと言い方があるでしょう。否、言い方がそのように出るということはそのように意識化されてしまっているというわけで。

この話をうかがった時に、日本の雇用行政・雇用姿勢に対して、TOKUは衝撃を覚えました。

募集側に対しての態度は、きっと応募する側にも出るでしょう。「障がいがあると雇ってもらえませんよ」だとか「低賃金ですよ」とか、今マスコミに「不景気」報道による一般生活者の「不況感」を煽っているのと同じような構図が、ここにもみてとれます。その結果、障がいのある方やそのご家族が「後ろ向き」や「不安」になってしまう…。

これでは世の中、明るくなりません!

本当に、TOKUがお世話になっている実感がどこまでお伝えできているか判りませんが、是非スワンさんに応募してみてください! そして、「不安」なことをどんどん質問してみてください。真剣に向き合って、適材適所の仕事を創造してくれるはずです!


theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

「スワンカフェ」が人材を募集中です!

TOKUも日頃からお世話になっているスワンさんの「スワンカフェ」(東京・銀座店)が人材を募集中だそうです!

スワンさんは、「クロネコヤマト」でおなじみの、ヤマトホールディングス株式会社とヤマト福祉財団が共同で設立した株式会社で、障がい者を持たれている方を、本当にわけ隔てなく、 「雇用」促進・「人材」活性化を実践されている会社さんです。

ある規模に達する企業は障がい者を一定数雇用しなければならないという国の「弱者」扱い、また、遵法として建前的に雇用している企業における「弱者」扱い、また、逆に、「弱者」扱いを不当に受けるのではないかという障がい者もしくは障がい者のご家族の「恐怖」心……そんなこととは無縁の、本当の意味での「障がいのある人ない人も、共に働き、共に生きていく」ことを実践されています!

*******************************************************************
対象者   障がいのある方(年齢・性別は問いません)
勤務地   スワンカフェ銀座店
職種     ホールスタッフ   
勤務時間  午後3:00-午後11:00(時間応相談)
応募方法  履歴書を株式会社スワンまでお送りください。
        書類審査の上、一時審査通過の方にはおって面接日をご連絡いたします。
        [書類送付先]
       〒104-0061
       東京都中央区銀座2-12-15
       株式会社 スワン 
お問合せ先
*******************************************************************

百聞は一見に如かず。もしご不安のある方は、是非一度、「スワンカフェ」にお茶でも飲みにいってみては如何でしょうか?

TOKUは障がいがあるわけではないですが、線維筋痛症という難病を持っています。スワンさんと話し合いながら今、在宅のお仕事をさせていただいています!

theme : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
genre : 就職・お仕事

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。