スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休養は大事

昨日・今日と日中は比較的穏やかな陽気で、TOKUも最近続いている極度の眩暈と頭痛とを何とかしようと、できるだけだら~っとすることにしています。

うちの「kun」(シェルティ。♂。生後5か月弱)も、ウッドデッキやTOKUの部屋を行ったり来たりして、陽気を満喫しているご様子。

…と、うちのガキ(♂。5歳)がいま、階段から落ちた! とりあえずここまで。(静寂は訪れないもので…)

スポンサーサイト

theme : わんことの生活
genre : ペット

新しい「家族」

皆さん、いつもたくさんの閲覧とコメント、ありがとうございます!

TOKUYAMA家は、これまで、一粒種の息子(今月16日で5歳)と、カミサン、義父、義母、TOKUYAMAの5人家族でしたが、つい先日、もうひとり「息子」がやってきました! 「ひとり」というか「1匹」(笑)ですが。

TOKUYAMA自身が末っ子(諸事情あり、実の親兄弟とは絶縁関係にありますが…)だったこともあり、小さい頃から「パンダ飼って」とか「ビーバー飼って」とか「馬で学校に行きたい」とかそんな変なことばかり言っていました。で結局、仔犬を飼ってくれたのが、TOKUYAMA人生初の挫折である、故障続きでこれ以上サッカーを続けると車椅子になると宣告された、中学2年生の時でした。

うちのガキは、(同じ血なのか…)もう3歳くらいからずっと犬を飼いたがっていました。カミサンは「玄くん(うちのガキの名前は「玄毅」(げんき)です)がひとりで散歩できるようになってからね」と釘を刺していましたが、ガキはTOKUYAMAに「5歳になったら飼いたい」と言っていました。自分の経験も、そして薬漬けの日々の結果(つまり、もうガキを作るのは大きなリスク)も、最近特に「赤ちゃんが欲しいなぁ」とガキがひとりごちでいる状態も、あい重なって、彼に「よし、一緒にちゃんとお世話できるんだったら、5歳になったら飼おうね」と男同士の約束をしていました。

なので、こんな(どんな?)状況にもかかわらず、思い切って、仔犬を連れてきてあげました! 男の子です。カミサンには黙ってしれーっと連れてきたので、数日間はカミサンからTOKUYAMA自身が「エサ」を与えてもらえないほどでしたが(笑)、ちょうどスワンさんの取材の当日朝くらいから、「融解」しはじめ、今ではもう「居て当たり前」になっています! ガキも喜んで、毎日抱っこしたり遊んだり世話を(まだおぼつかないですが)してあげたりで、「弟ができた!」と喜んでくれています。

長期の療養が必要な病気になると、家族(大人)は皆、新しいことをする、新しいことを抱え込むことに抵抗感とか不安とかが生まれてくるみたいですが(ま、「大人の判断」としては正しいのかも)、「えーぃ、やっ!」でやってしまえば、「後の祭り」…いや、「後は祭り」なわけで。

この仔犬のおかげで、TOKUYAMA自身も癒されています。

…という、とりとめもないお話でした。

theme : わんことの生活
genre : ペット

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。