スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクション…

5年ぶりにステロイドを頓服しなくなったせいか…またゾロ「花粉症」になってしまったようです…。

高校卒業後に上京するまでは周りは杉だらけだったのになんともなく、上京して2年目(?)頃から、隔年で(笑)花粉症が出ていました。

が、髄膜炎で倒れてステロイドを使い始めた瞬間から丸5年間、花粉症の症状は一切出ませんでした。

ステロイドと花粉症って、関係があるのかしらん???
スポンサーサイト

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

「モーラステープ」の威力

暫しご無沙汰しておりました。

一昨日、その前(?)、今月分のスワンさんの今月分の仕事も無事に終わり、ほっと一息中です。(否、パソコンがまたご機嫌斜めで。格闘中です…)

今日、何気なく「モーラステープ」のパッケージに書いてある注意書きを読んで、おっと、その「脅威」にビックリ!

貼付部を紫外線にあてると光線過敏症をおこすことがあります。
 ↑ま、これはわかりますね。とりあえず書いておかなきゃ、ですもんね。

(1)戸外に出るときは天候にかかわらず、濃い色の衣服、サポーター等を着用し貼付部を紫外線にあてないでください。
 ↑ほー。そうなんですね…。今まで一切気にかけていませんでした(苦笑)

(2)はがした後、少なくとも4週間は同様に注意してください。
 ↑ん? 4週間??? …「えー!?」 「モーラステープ」おまえもそんな強いんかぁ~!!!

と驚いたTOKUYAMAでした。
(あんまり参考にならなかったですね…)

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

関節や筋肉の痛みに

ここ数週間続いている、両手首、両親指(とその付け根)、両手の各指(日によって痛い指と場所が違う)ことと、皆さんからいただいたアドバイスを、先日の診察で主治医の先生に話しました。

結果は…

【貼り薬】
・モーラステープ

【塗り薬】
・インテバン外溶液

がそれぞれ処方されました。

今日から早速試してみます!

効果や問題などがあれば、またレポートします!

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

左手首まで…

皆さん、いつもたくさんのコメント、ありがとうございます!

「骨、折れるの?!」でも書きましたが、手の指の折れそうな感じ、まだまだテーピングガチガチです(当然、その日により痛い場所は転移しますが)。

に加えて、事故って軟骨損傷している右手首は致し方ないとして、左の手首までこの10日くらい「ずっきーんっ! ずっきーんっ!」と痛みます…(涙)。

両脚の膝もずっと以前から兆候が出てきていたのですが、まだこれは何もしないでも耐えられる範囲です。ただ、階段を上り下りするときは「ぐん…」と鈍い痛みが走ります。これはもともとスポーツをやっていた時の故障が尾を引いているということもあるんですが、その痛みとは多少痛さの種類が違うのですよねぇ…。

う~ん。

とりあえず、今は、「スチック ゼノールA」という塗り薬を塗り塗りしてごまかしてはいますが。(超強力!)

関節の痛みを発症されている方、どんな処方をされていますか? 教えてもらえれば嬉しいです。

今日は早朝からあまり嬉しくない記事でスミマセン…。

骨、折れるの?!

最近、足の指の付け根や手の指&付け根の骨あたりが、結構痛い…。

恐らく薬の副作用だと思いますが、ずいぶん以前から少々感じていた痛みが、本格派(? 笑)になってきました。

その痛みというのも、ちょっとしたことで「骨が折れそう」な、ど~んとかず~んとかした痛み。指や手首や手の甲にテーピングして過ごしている状況です。
お盆の時期にちょうど検査&診察があるので、対処療法を主治医の先生に聞いてみようと思っています。

あと、体中がなんだか「チクチク」するんですよねぇ…。

こんな症状の方、いらっしゃいませんか? もしいらっしゃったら、どんな薬で「回避」されてるいるのか、教えていただければ嬉しいです。

最近「超前向き」な記事ばかり書いていましたが、ここにきてちょっと「ヤバイかな」と思い始めているTOKUYAMAでした。

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

プロフィール

Daiki TOKUYAMA

Author:Daiki TOKUYAMA
******************************
迷惑/悪戯コメントは固くお断りします
******************************

1970年生まれ、♂。
2003年の春と夏に、過労により、2度の髄膜炎にて入院。
2004年春、突然全身に激痛が走り、全く身体が動かなくなる「奇病」にかかる。漢方専門の病院を含め、総計10数件もの大手病院・診療科に「たらい回し」される。
やっとの思いで、横浜市立大学附属病院・岳野先生、日本大学附属板橋病院・村上先生に出会うことができ、「第2次・線維筋痛症」と診断される。その間、発症してから約2年半…。
当初膨大に膨れ上がっていた薬が徐々に減らされ、2008年10月現在、線維筋痛症だけで1日21錠の内服薬+1種類の貼付薬、1種類の塗り薬にて闘病中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。